男女の友情が成立するタイプ

性格によって結果が異なる

男女の友情は本当に成立するものだと考えている人と、男女の友情が成立するなんてあり得ないと考えている人がいるものですが、男女の友情が成立するタイプか否かを判断するポイントとして簡単な質問をするとわかる可能性が高いと言われています。
もちろん、この結果が確かだとは言い切れませんが、参考にすることはできるでしょう。

友達と恋人の求める事とは?

この人は男女の友情を成立させることができるタイプなのかを判断する方法として、「あなたは異性の友達と恋人にどんなことを求めているか5つずつあげてみて」という質問をしてみましょう。
あまり深く考えずに、パッと思いつくことを5つずつあげてもらうのがコツです。

この質問を男性にした場合、異性の友達には話が合う、頼りになる、困った時に相談に乗ってくれる、優しい、面白いなどの条件をあげたとします。
そして、恋人に対してはかわいい、スタイルが良い、料理が上手い、気が利く、自分を立ててくれるなどの条件をあげたとします。
この場合は友達と恋人に求める条件が一致していないため、それぞれに求めている条件つまり理想像が違うので男女の友情が成立しないタイプだと判断できます。

逆に、友達と恋人に求める条件が一致する内容が多いほど、友達と恋人にかぎらずこんな人が好きなのだと考えることができるので男女の友情が成立するタイプだと判断できます。
これは女性に対する質問でも同じことが言えるので、ぜひ参考にしてください。

ある時友情が愛情に変わることも

このような質問をした結果、男女の友情が成立するタイプだと判断できても、確実にその通りだとは言い切れません。
友達と恋人に求める条件が一致するほど、この人は自分にとって付き合いやすいタイプだ、一緒にいて居心地の良いタイプだと感じる可能性が高いと考えられます。
元々は友達として良い関係を築いていた男女が、何かがきっかけとなって「自分はひょっとしたら人間として好きだというだけではなく、異性として好きなのではないか?」と思えてくる時がやって来るかもしれないのです。
友達としか考えられないと思っていた異性と、いつの間にか恋人として付き合うことになって結婚をすることになったという事例も少なくありません。

しかし、男女間で友情が成立している事例があるのも事実です。
これはお互いに彼氏や彼女が存在しているという場合に多く、それぞれ彼氏や彼女には相談できないことでも異性の友達には相談できると考えている場合が多いです。
このケースでも相談をしているうちに恋愛感情へと発展するという事もありますが、友情が続いて良い関係を続けることができるという場合もあります。