友だちと親友ってどう違うの?

親友の定義

仲間と友達の違い。というと目的のあるなしに分けたりできますが「友達はいるけど、親友と言える人はいない」もしくは「親友はいるけど、友達は少ない」など、友達と親友の定義となると人によって差があるようです。
私の中では「友達」は継続的な関係であると思っています。私と繋がっているテラハファンのみんなを友達!と思っていますが、親友と呼べるかというと違います。何が違うかという視点から、親友と思える行動について考えてみました。私の親友の定義についてピックアップしてみましょう。

秘密を守ってくれる

どんなイイ噂話になろうと秘密を守ってくるのが親友です。相手を思っているからこそ、自分の会話のネタにしたり、秘密を踏み出しにして自分をよくみせようとしないはず。付き合いの浅い友達だと、噂話ぐらいはと秘密をばらされた経験があるため、この点は私の親友の定義において大切ですね。

気がねしない

同じ時間を過ごしていて気がねしない仲も親友にある特徴です。同じ空間で沈黙が続こうとも、変にもどかしくなったり不安になったりしません。心を許し合っているからこそ、なんでもない時間や考えにふけっている時間も共有できると思います。気づかれのしない、親友にあるホーム感はとても大切です。

厳しい意見も言える仲

いいことも悪いことも、相手のためを思って正直に言ってくれる間柄は親友です。友達の場合「あなたがそう思うなら。」と厳しい意見を言うパワーを使いません。自分のために叱ったり泣いたりしてくれる存在こそが、偽りのない中だと思うからです。

笑いのツボが一緒

コレ。以外に私にとっては大事なポイントです。どんな局面においてもお互いに楽しい時間を過ごせる可能性があがると思います。周囲の人が理解できないところでも、通じ合える共通認識。なんとも繋がっていると感じます。吹き出すタイミングが一緒だった日には「わかってるね!」とお互いなにも言わずとも、良い時間が過ごせますよね。

色々とポイントを挙げるときりがなくなりそうです。友人・親友どちらであっても、相手との距離である親密さは目的ではないと思います。「親密になりたい。」という目的があるとすると、人間関係においてトラブルの原因となるからです。「友達だから○○してほしい」「親友ならこれぐらい大丈夫だ」など。見返りを期待しているような関係になってしまいます。“期待があるから不安を覚える”過度な期待は、恋人や親子関係においても同様です。
相手を判定する基準を自分で作り出しているにすぎまぜん。「○○だから親友ではない」と洗い出すよりも、これまで過ごした絆や時間からの結果であると考えたほうがいいですね。